keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
私だって本当は夜がんばりたい
未分類

私だって本当は夜がんばりたい

なんだかいい話になっていますがこれは勃起不全の話でしたね。話は戻りますがこの前もデリヘリを呼んで何もできないまま時間が過ぎていきました。本当に自分は駄目な人間だと思っています。きっと諦めきれなくて崖っぷちで戦っているのでしょう。ほとんどの人は呆れていますが自分は実は復活を確信します。私には根拠ない自信があってそれは近い将来に勃起が止まらないということです。それは想起しているものですが頭の中ではEDが克服されています。

これは完全にイメージトレーニングの世界であると言えます。後は食事療法も続けていて努力というより修行です。ここまで言って何ですがそのような努力が報われたことは現世では一切ないのです。最近夜のゲンキがないというか一回もありません。それは今頃にそうなったのではなく前からと言えばそうです。主因としてはしごと漬けでありその後は酒浸りだからでしょう。まあ最近では接待は減っているもののユウジンと飲む場合も増えていると言えます。酒を飲んだ後に帰りますとバタンキューです。朝にゲンキがないので残念至極に思います。勃たないだけで男として終わってしまいます。実は昔不倫相手がいて妻とは別に恋人もいました。当時は夜がゲンキであの頃が懐かしいです。現在では妻も抱けませんしどうして良いのか分かりません。セックスがないと夫婦間は冷える一方です。私達のケースもそうなので他の夫婦もそれに近いようです。まあ夫婦とはセックスだけに左右されるものではありません。他に自分立ち以外の家族や貯金のことなど問題はあると言えます。しかしながらセックスレスだと夫婦関係は破綻していて最も親しい同居人に近いかもしれません。奥さんが私に対して言うにはこのインポ野郎だそうです。これは酷い話だと思われませんか…。私だって本当は夜がんばりたいのにため息しか出ません。しかし私と妻は歳が離れているのでそれも仕方ないかもしれません。結婚するならば同じくらい年代が理想的だなと思うのは私だけでしょうか。セックスをしない夫婦が世の中にどれくらいなのか調査しました。すると年代によって違いはあるということです。それは普通の話ですよね。調べたデータからですが実際は半分以上が仮面夫婦状態です。わけとしては男女いっしょに性欲の落ち込みがあるようです。夜にがんばれるようにすっぽんを食べて来ました。それですがさっぱりといったところです。夜にがんばれない時には○○だというのは信頼性が低いですね。アト家人が購入してきた怪しいドリンクを飲んだのです。しかしながらこちらに関しても意味がありませんでした。現状、私の数少ない希みというのは子供の存在です。子供がいることが救いでありこれは素晴らしいです。ただ子供は決して反抗ばかりしています。おそらく私は子供からさよならを告げらられるのでしょう。この頃は子離れが不可能な親がいて自分もそうなのかもしれません。勃たないことによって自殺したいのは悩みすぎでしょうか?ですが私には耐え難いストレスなのです。周りの人は笑いますが生死に関わる問題です。インポになるということですべてが終わったかのような気分になりました。そんなことで引退して自分は実家のある地域に戻りたいのです。

性力増強剤 効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です